【高知県9泊10日酒場放浪。労働旅⓻】「西郷どんは大きく叩けば、大きく響く。小さく叩けば・・・」日本を今一度せんたくいたし申候

旅行

今日で高知に来て一週間になる。

 

5日の滞在予定だったが、延長した。

 

ここは居心地が良い。

 

男は酒を飲み、泣く。

女は笑うだけ。

 

 

最高の場所だ。

 

熱湯と冷水が同時に味わえる場所だ。

 

 

高知の変態「滋賀か。この前行ったら、びっくり。蛇口ひねったらブラックバスが出てくるがよ。琵琶湖こわー」

 

「なんでやねん。どこの蛇口にバスが出る口がある。琵琶湖のバスはでかいど。」

 

土佐の変態「そうながよ。おれもびっくりしたでよ」

 

「酒の飲みすぎやろ、自分。あっ、そや。話変わるけど、

今日、朝シャワー浴びよ!思てひねったんすわ。(バルブを)」

 

「ほな、土佐鶴でてきてん!高知こわいわー」

 

変態「・・・」

 

滋賀の変態「ほんでな、っさきな水飲もう思って、ひねったら、ごっくん・・・・・・・・・」

 

 

2:04

 

深夜に目が覚める事がある。

 

大抵そういう時は不思議な思考の錯誤が起きる。

 

 

世の中と逸脱した思考が巡ってくる。

 

「不気味だな」

 

スマホを手に取る。

 

 

スマホは世界と繋がっている。

 

訳の分からない物とは逆の世界だ。

 

「安心、安全、スマホの世界」

 

 

簡単に言うと、幽霊に対して

「お祓い」をする人間の事を言う。

 

 

 

 

 

 

 

「難しくなったか・・・」

 

 

 

 

アホなやつは世界がシンプルであることを忘れる。

 

 

 

「俺の事か・・・」

 

 

 

得体の知れない出来事に出くわすと

何かと考えてしまう。

 

 

だが、世界はシンプルだ

自然がそれを物語っている。

 

 

ダ・ヴィンチ「自然は自己の法則を破らない」

 

 

 

 

高知県は四国山脈に囲まれ、本州から孤立している。

 

インターネットで世界中にアクセスできる

今でも「それ」は変わることはない。

 

 

本質を知る男が語る言葉が

全ての出来事を見透かす。

 

坂本龍馬「西郷どんは大きく叩けば、大きく響く。小さく叩けば、小さく響く。不思議な人よのう」

 

 

 

 

高知は本質的だ。

 

 

 

『バンブルビー』日本版予告

 

 

コメント