【感想】富士山をツアーで登山してきた。大阪から1泊2日。

旅行

 

大阪から富士登山に行ってきました。

登山初心者ですが、無事帰ってくることができました。

 

 

 

サンシャインツアー

今回参加したツアーはサンシャインツアー。

 

 

 

ツアーの内容

・1泊2日

・関西発高速バス(梅田、難波、新大阪、三ノ宮、京都)

・登山道具をレンタルできる

・八合目の山小屋に宿泊

・1日目夕食付

・2日目昼食付

・温泉

・ご来光がみれる

・ガイド付

・団体行動

 

登山道具をレンタルできるのは助かる。

何も持ってなかったの。

 

ガイドが付いて、団体行動。

安心。

 

 

⇩富士山で登山客が亡くなったニュース⇩

 

 

このニュースをみて、びびってたんですよねえ。

 

 

 

 

 

料金

料金は17800円~22800円。

移動費、宿泊費、温泉、食費込みでこの料金は安いのではないでしょうか。

 

 

 

朝集合。強行スケジュール

9月初旬。7:30。新大阪駅に集合。

 

大型バス一台が満席。45名のツアー客を乗せて富士山へ出発。

年齢層は若く20代前半が9割だった。平日のツアーのため、学生が多いのだろうか。

 

 

車内がにぎやか。

「わーわー」

結構うるさかったです。元気があってよろしい(真顔)

 

 

3度サービスエリアで休憩をとり、富士山に向かう。

 

富士山が近づいてくると、ガイドからアナウンスがあった。

関西から1泊2日で登頂するのは強行スケジュールらしい。

 

「今のうちに寝ておくように」と念を押される。

 

 

その他、高山病予防の呼吸法、持ち物確認、スケジュール確認を行う。

 

 

富士山登場

 

出発から8時間。富士山が登場。関西人は富士山に見慣れていない。皆さんテンション爆上げになっていました。

 

 

 

レンタル山道具屋

レンタル山道具屋。登山に必要なものが一通りあります。

登山靴を借りました。一日3500円。

 

 

 

 

 

五合目に到着

 

富士山の五合目に到着。この時点で標高は2300m。心なしか息苦しい。風がかなり強く、気温も低かったです。上着を着ていないと寒いです。

 

休憩所のような場所で夕食をとる。結構おいしい(語彙力)

 

 

登山開始

 

 

18:00。登山開始。

登山ガイドが先頭。ツアー客が続いて歩き、最後尾に別のガイドがついています。45名が連なり登山。暗闇の中を進む様子はまるで探検隊。

 

1時間ほど歩いては15分休憩。を繰り返す。歩くペースはゆっくり。

 

 

標高が上がる度に風が強くなり、気温も寒くなってくる。8合目付近から-10℃ぐらい。さむい。

手袋とネックウォーマーないと死にます。さむい。。。

 

世界遺産富士山。道も整備されているであろうと思いきや、岩場が多い。しんどい。

 

運が良かったらしく、雨は降らなかったです。星をみんなで眺めるというロマンティックな事もしました。

 

 

 

山小屋到着。ラーメンがうまい

 

出発から約5時間。8合目の山小屋に到着。

 

軽い軽食が配られる。あんまり美味しくない(語彙力)

お腹が空いていたのでカップラーメンを食べました。(自腹)

 

山小屋には他にも軽食が販売されていました。

 

到着から30分後、就寝。カプセルホテルの敷居がないような寝床。隣の人と肩があたるぐらい人でいっぱい。

 

 

 

2時間後、頂上で御来光を見るために起床。

ところが、天気が荒れているため、登頂不可となる。

残念!

 

ご来光は山小屋から見ることができた。

 

 

 

下山。景色が良い

 

頂上に登れなかった悔しさを胸に下山。下山は登山よりもスイスイと進めました。下る度に酸素が濃くなる。気温も上がる。テンションも上がる。

 

昼間は見晴らしが良い。

 

かっこつけた写真を撮りまくり、楽しむ。

 

奇跡の1枚。ジョジョ感が満載。

 

お馬さんが通る。下山できなくなった人を迎えに行っているらしい。頼もしい。

 

 

 

下山完了。

休憩所で着替えを済ませて、温泉へ。ホテルでバイキングと温泉に入る。疲れて写真を撮るのを忘れた。

 

 

 

 

感想

サンシャインツアー安い。食事、宿泊費、移動費込み。安心。ツアー中にトラブルはなかった。高山病になったツアー客もいなかった様子。安全に登山ができたのではないかと思います。登山初心者にはオススメです。

 

初の富士登山は山頂に登れず終わりました。山頂でのご来光は運の要素が大きいようです。残念ですが、次回に持ち越しにしたいと思います。

 

 

 

 

コメント