【京都】カオスな居酒屋。生活臭が濃すぎる。スペースネコ穴。

オススメ

 

 

好き嫌いが分かれる居酒屋

 

その名もスペースネコ穴。

 

先日、友人と2人で行ってきました。

 

スペースネコ穴

場所

京都の中心街、四条から徒歩10分。

住宅街の分かりにくい場所にある。こんなところに店があるのか?という感じ。

 

 

 

入り口

 

「えっ。入りからおかしいやん」

ぼろぼろの看板。横に細い路地がある。

 

 

恐る恐る細い路地を抜けると

 

 

「廃墟かこれ?」となるぐらい汚い玄関。

またまた、恐る恐る店内?に入る

 

 

生活臭

 

 

普通の民家の居間。

「普通の家やん」

だがそれだけではない。

 

とにかく汚い。

 

 

 

週刊誌やらどこかのパンフレット。瓶のふた。洗濯物。ゴミか何かよく分からないものが乱雑に置かれている。

 

生活臭が半端ない。

 

 

 

 

店員がいない

 

居間の座布団に座る。

 

常連さんらしき人が2人飲んでいました。

 

「店員さんはどこにいるんですか?」

常連「もうちょいしたら来るから」

 

 

ガサガサ。ドンドン。

 

 

2階から店主が登場。声色からわかる。

「めっちゃ酔ってるやん」

 

展開の速さに脳の処理が追いつかない。

どうやら細かいことを気にしていたらきりがないようだ。

 

メニューがない。オススメがテキーラ。

 

「メニューは何がありますか?」

店主「ここらへんにあるもの適当に食べていいよ」

 

 

机の上の食べさしの酒のあてを指さす。

 

この店はメニューがない。

店主がてきとうなタイミングで食事をつくり机の上に置く。

食べたかったら食べる。

 

会計は自己申告制。

 

なるほど。細かいことは気にしてはならない。

 

恐る恐る机の上のあてを食べる。

※酒を飲みすぎて記憶がない。何を食べたか忘れました。

 

普通にうまい。(語彙力)

 

他にも何個か食べたが全部うまかった。

 

飲み物を注文する。

 

「お酒オススメでお願いします」

店主「テキーラ」

 

細かいことは気にしない。

 

テキーラをもらいました。

 

店主いわく、色々なお酒を試したが、テキーラが一番体に良く、次の日に残りにくいらしい。

大学生が夜な夜なナイトクラブでうぇーいwwwとテキーラのショットを飲んでいるのとは違う。落ち着いた口調でテキーラについて語る。

 

 

テキーラは飲み方を間違えなければ、健康的なお酒らしい。

 

語り口が本物の酒飲みですねえ。

 

 

 

生活臭が人を結びつける

生活臭の凝縮された空間。

 

べろべろに酔っている店主。

 

気を使わなくていい空気が充満している。

 

気づけば初対面の人とも会話が始まる。

 

 

敷居は高いが、居心地が良い。

 

テキーラがすすむ。

 

※ 店内の雰囲気に笑顔の友人

 

気づけば、人が増えてきて、賑やかになってきた。

 

隣で飲んでいた友人を見てみると

いない

 

常連「おい、友達、外でて行ったで」

 

急いで追いかける

 

友人はネコ穴のあやしい路地の前で寝ていた。

 

意識がもうろうとしている。

 

ネコ穴の生活臭をアテにテキーラを飲みすぎたようだ。

 

心配した常連さんや店主が外に駆けつけてくれた。

タクシーの手配や友人が忘れた携帯やらを世話してくれる。

 

 

 

 

暖かい。

 

数十分後、タクシーが到着。自宅へ帰った。

 

安かった。多分。酔っていたので覚えてない。

タクシーが来る間に会計を済ます。

自己申告する。何杯飲んだか覚えていないが、テキーラを1人4杯ぐらい。おかずが3,4品は食べていたと思う。

 

2人で4000円。安すぎる。※酔っていたので正確ではない

 

 

まとめ

暖かい雰囲気の居酒屋でした。見た目はカオスですが、中身は家庭的。人は見かけによらないと言いますが、ここも見かけによらない場所でした。

 

ネコ穴には猫ちゃんがいます。酔っていたので何匹いたか覚えていませんが、猫ちゃんがいます。スペースネコ穴では猫を飼っている人はモテるそうです。猫好きが多いらしい。

 

LMFAO – Shots ft. Lil Jon

 

コメント