キューバになぜ行くのか。チェ・ゲバラに憧れた若者がキューバに行く。

 

2018年4月20日~5月9日、キューバに行くことにした。

楽しむ 人とつながる 挑戦

以上のことを念頭にキューバに行く。

 

なぜ、キューバに行くのか

3つの理由がある。

 

 

1.チェ・ゲバラ

 

チェ・ゲバラが好きだからである。

ゲバラは、医学生だった頃に、南米をモーターバイクで縦断し、南米諸国民の貧富の差を実感。社会構造そのものを変革するために行動を決意する。フィデル・カストロ等とキューバでキューバ革命を起こす。

 

革命後、国立銀行総裁等を歴任。その後、キューバから離れ、再び社会変革の戦いに出る。

最後は南米ボリビアでの闘争の末、命を落とす。

 

簡単に彼の人生をまとめると、このようなものになる。

 

自らの意志を行動に移し、最後まで貫く、彼の生きざまに憧れていた。

 

時期がありました。

 

ここ数年は仕事漬けの、日々を送っていたことで、過去の話など気にしてはいられなくなったこと。

歴史は書き方、見せ方によって、かっこよくも、ダサくもなる。という見地に達していたため、少し、冷めた目でチェ・ゲバラを見ていました。

 

ただ、今年仕事を辞めることになり、本当にかっこいいものなのか。

フィデル・カストロとゲバラが起こしたキューバ革命の成果はいかなるものであったのか。

 

本当にいたのか。作られたものなのか。

 

実際みてから決めよう。

と決断。

 

 

 

2.社会主義

 

物事を理解するには比較することが重要である。

世界を理解し、目標達成に向かう武器を得たい。

日本とは違う社会をみることで、日本社会の理解が進む。

主に注目したい点は3つ

 

 

① 社会(医療・教育・産業)

 

産業が発展しなかったキューバ。一方で世界的に注目されているのが、

医療と教育。国民全員が無償で受けることができる。

 

・医療

医療行為で儲かるシステムがないため、無駄な出費が少ない。無駄な医療行為も少ない。それに伴い、予防医療の発展が進んでいる。平均寿命は先進国と同等。乳児死亡率がアメリカよりも低い。

 

・教育

幼稚園から大学まで無料で受けることができる。国民全員が教育を受けられるように。革命以前の識字率60%。2年で96%に。障がい者に対しても、普通校に通えるまでつきっきりで指導する。その成果如何に。

 

・産業

革命後の社会主義化に伴う、労働意欲の低下。物資不足による非効率な生産構造。アメリカの経済封鎖。近隣諸国からの孤立。自国内での産業が低迷。国民への食糧配給も輸入に頼っている部分が大きい。自国内の産業が発展していないため、輸出による外貨獲得も難しく。国民の生活水準も低い。国民の給与は月20ドル程度

 

② 観光大国

カリブ海に浮かぶ異世界キューバ。観光大国として有名。

キューバは観光者が年々増加。キューバの外貨獲得の大半を占めている。

外貨獲得を目論む、キューバ人が観光業に多く乗り出している。

自国内の産業が発展していないため、革命以前の建物や車等が残っている。

他国民が訪れる理由はそこにある。革命以前の空気を味わいたい。

 

③ 社会主義の終わり

チェ・ゲバラが起こしたキューバ革命。革命の思想とは。如何に。

革命から現代。未来のキューバはどのような国になるのか。

物事に完璧なものというものはない。あらゆる角度から検証すれば必ず欠点がある。

社会主義国キューバは医療・教育の面では、先進国に劣らないレベルに達している。

一方、産業では食料自給率の低下。輸出の低迷。等発展していない点も多くみられる。

2011年から市場経済の部分的導入、インターネット通信サービスの拡大。等民主化が進んでいる。それに伴い、個人事業主と事業をしていないものとの間に格差が拡がっている。

社会主義国キューバにも部分的競争社会が形成されてきている。

チェ・ゲバラもフィデル・カストロも社会主義にこだわり社会を構成したわけではない。革命の根源を辿れば、人間の本質的な要素「愛」によって導かれ社会を構成したのではないか。

 

チェ・ゲバラ『真の革命家は偉大なる愛によって導かれる。人間への愛、正義への愛、真実への愛。愛の無い真の革命家を想像することは、不可能だ』

 

2016年11月、キューバ革命の指導者フィデル・カストロが死去。

2018年4月、ラウル・カストロ現職を退任予定。

キューバ革命の時代も終わりを告げ、新たな時代に突入する。

医療・教育等社会的最低保障を重視したキューバ。

近年、取りざたされているベーシックインカムを彷彿とさせている。

今後の課題は、国民の生活レベルの向上か。

その鍵は市場経済導入、フィデル・カストロ、チェ・ゲバラが求めた愛のある社会なのか。

首都ハバナでは、幼女による売春行為が公然と行われている。

発展途上国にはよく見受けられる光景なのかもしれないが、

チェ・ゲバラと売春は結びつけたくはない。

ジョン・レノンはチェ・ゲバラを「世界で一番かっこいい男」と評した。

現実はどうか。光と闇。

資本主義社会の豊かなイメージは好きなものが買えない子どもたちからすると

眩しすぎるのかもしれない。

かつて世界中の若者が憧れたチェ・ゲバラのように。

 

 

 

3. 世界挑戦

 

人間は窮地に立たされたときに、新たな一面が出るものである。

キューバで世界に挑戦する。

この状況で如何に

楽しむか、人とつながるか、挑戦するか。

真価が問われる。

過酷な条件で目的を達成する。

好きなゲバラが活躍したキューバであれば、挑戦への意欲が沸く。

社会主義国。国の構造も違う。

スペイン語喋れない。英語も拙い。

挑戦を通じて、勇気と知識と経験を得る。

 

 

 

・100リスト

 

キューバでやりたいことを100個作成

  • キューバ入国
  • 散髪する
  • モヒート、キューバリブレを飲む、つくる
  • 紅茶を飲む。つくる
  • 料理を30人に振る舞う
  • 100人にハンドサインをさせる
  • 1000人と写真を撮る
  • ラウル・カストロに会う
  • キューバ人に下ネタを試す
  • キューバ人を笑わせる
  • 金を稼ぐ
  • ごはんをおごってもらう
  • ホームレスをみつける
  • サッカーの試合に参加する
  • ドミノをする
  • 討論をする
  • Tシャツを4人に配り、渡した人と写真を撮る
  • 葉巻を吸う
  • 自己紹介を300人にする
  • 友達を33人つくる
  • 畑仕事を本気でする
  • 病院受診
  • 民宿に泊まる
  • 他国民とアポをとる
  • 一日一回動画を撮る
  • 二日酔いになり、ゲロを吐く
  • キャンプ地の問題を解決する
  • 人助けを一日一回する
  • 3人以上のグループで何か目的を達成する
  • 現地民の商売に参加する
  • ごはんをおごる
  • 喧嘩をする
  • 琵琶湖の偉大さを伝える
  • 歌を歌う
  • ナイトクラブに乗り込む
  • ハバナにある店に入り、店内にいる全員の視線をこちらに集める
  • 100人に漢字を紙に書いて渡す
  • キャンプ地のルールを破る(平和的に)
  • 物を作り、売る
  • 「主の名前、ハカッコイイ」と100人に言わせる
  • パエリアをつくる
  • 日本人とスペイン語のみで会話する
  • カリブ海の水で紅茶をつくる
  • キャンプ地で独自のルーティーンを続ける
  • キャンプにいる全員の名前、出身国、年齢、好きなものを把握する
  • スリに会う
  • トラブルに巻き込まれ、泣く(意図せず)
  • めちゃくちゃ怒る
  • リフティングを100回する
  • ゴールを決める
  • 現地民のように振る舞い、日本からの観光客をもてなす
  • チェ・ゲバラの霊廟に行く
  • カストロの生誕地に行く
  • CHE VIVE をみつける
  • 3のギャグを披露する
  • 日本語で自分の主張を伝える
  • キューバ人の笑いのツボを把握する
  • 船に乗る
  • 釣りをする
  • 野球の試合に参加する
  • キャッチボールをする
  • 熱く何かを語り、誰かを号泣させる
  • 散財する
  • 日本の良いところを30人にプレゼンする
  • 5大陸の人と喋る
  • 帰国後のアポを誰かととる
  • 寝技をかける
  • ドッキリを仕掛ける
  • パーティーに参加する
  • 一日日本語を使わず過ごす
  • 一日スペイン語だけ
  • イタリア語を喋る
  • ロシア語を喋る
  • WHATのみで会話の本質にたどりつく
  • Tシャツの説明を30人にする
  • わがままを30回言う
  • 日誌を毎日書く
  • 日誌の一日分を英語で書く
  • キューバの観光地ベスト3をキューバ人に聞く
  • 79のベスト3に行く
  • 一日中寝ずにすごす
  • アルバムを100人にみせる
  • なんでやねんを30人に言わせる
  • つるを30人にプレゼントする
  • イチローよりも自分のほうが優れていることを伝える
  • キャンプ参加者の子分として一日過ごす
  • 一日、こんにちは、ありがとう、イエス、ノーだけで過ごす
  • 車を運転する
  • キューバ大使館の誰かに名前を覚えてもらう
  • 資本主義社会と社会主義社会の違いを実感する
  • 90の良いところ、悪いところを3つ考える
  • 日本食と現地の食事の良し悪し3つ
  • キューバと日本良し悪し3つ
  • 0-10、11-20、21-40、41-60、61-。5つのカテゴリのキューバ人と交流する
  • 94のカテゴリの違いを理解する
  • キューバに来る外国人が何を求めているのか。10人に問。
  • 100の目標を挑戦してどうであったか、紙に記入する
  • 人生の目標を100個の考え、紙に記入する
  • 日本で今年やることを100個考え、紙に記入する
  • 帰国

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント